相鉄線沿線のおでかけスポットをさがそう

横浜らーめん 壱八家

店舗・施設情報へ

横浜家系ラーメンの代表格

  • 1
モヤ太郎さんのおすすめ利用シーン
  • みんなで
  • ひとりで
  • 定番

第2次家系ラーメンブームの中で

拡大する

基本の「らーめん」です。

 横浜家系ラーメンの店がすごく多くなってきた今日この頃。そんな中で「壱八家」は本店が1996年に開業したという、比較的老舗の店です。1988年に開業した六角家が1992年にラーメン博物館に出店したころから始まる「第1次家系ラーメンブーム」の頃に「壱八家」も開業した、ということですね。
 この壱八家の横浜スカイビル店に久しぶりに行ってきました。いつも混んでいる人気店なので、開店時間に合わせて行くのがおすすめ。今回はすぐに席につくことが出来ました。
 先に食券を買うシステムで、麺の硬さ、味の濃さ、脂の量は食券を渡すときに指定します。カウンター席の他にテーブル席もありますね。

期間限定メニューを狙って行くのも良いかも。

拡大する

チャーシューも柔らかくて美味しい!

 メインのメニューは、らーめん、ネギらーめん、チャーシュー麺、 ネギチャーシュー麺と、さらに季節ごとの期間限定メニューもあったり。
 サイドメニューとして、手作り餃子、ネギチャ丼、明太子ご飯なんてのもあります。トッピングはキャベツ、ハーフ玉子、のり、うずら、ほうれん草、もやし、バター…といったところ。
 今回は基本の「らーめん」で、硬さ濃さ脂の量は全部普通にしておきました。基本のトッピングは、チャーシュー、海苔、ほうれん草、味付け玉子ですね。
 さっそく頂いてみると、なんだかスープが前よりもマイルドになっている気がする! 以前に壱八家に来たのが、いつだか覚えていないほど時間が経っているので、あくまでも個人的な感想なのですが。

何度でも食べたくなる絶妙なマイルドさ。

拡大する

麺は壱八家と長多屋製麺の努力の結晶

 まだ家系ラーメンを色々食べてない時代に壱八家に来たので、その時は濃厚に感じてしまったのでしょうか。
 とはいえ、食べ進めていくうちに、このマイルドさが絶妙にちょうどいいのではないかということがわかってきます。なんでも、スープは背ガラとげんこつを惜しげもなく使用して作り上げているのだとか。濃厚でコクがありながら後味スッキリのバランスを保ったスープですね。
 長多屋製麺の麺がしっかりした食べごたえで、これぞ家系!という美味しさです。なんというか「本物感」がありますね。
 家系ラーメンのファンは、定期的に壱八家の美味しさを確認した方が良いな、なんて思いました。

  • 掲載しているさがっそレポ本文に含まれる価格やメニュー、営業時間等は、投稿日時点の情報です。あらかじめご了承ください。
コメント
  • 本機能はFacebookが提供するソーシャルプラグインを使用しており、ご利用いただくにはFacebookにログインする必要があります。
  • 当サイトはソーシャルプラグインによって生じるいかなる損害につきまして一切の責任を負いません。

この記事を書いたさがっそライター

モヤ太郎さん
相鉄沿線のおもしろスポット、モヤモヤしてるところ、モヤモヤしてないけど美味しい店、いろいろ紹介します! カレー成分がやや多め? でも、主食はモヤシ炒め。(ちなみに好きな相鉄車両はもちろん「モヤ700系」です)

横浜らーめん 壱八家の基本情報

設備・サービス
さがっそライターのおすすめ利用シーンベスト3
  1. 定番
  2. ひとりで
  3. ランチ
住所 横浜市西区高島2-19-12スカイビル10F
電話番号 045-451-3080
ホームページ 横浜らーめん 壱八家
最寄り駅 横浜駅
アクセス
  • そうてつStyleは「投稿サイト」という性質上、店舗・施設情報の正確性は保証いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

横浜らーめん 壱八家の近くのおすすめスポット

ページ
TOPへ