相鉄線沿線のおでかけスポットをさがそう

こども自然公園(大池公園)

店舗・施設情報へ

公園の新しい魅力発見。最高のピクニックイベント☆

  • 1
ぱんぱんリュックさんのおすすめ利用シーン
  • 乳幼児
  • カップルで
  • みんなで
  • ファミリーで

まずは、おいしいフード。

拡大する

移動八百屋さんミコト屋のパッタイ

こども自然公園で5月25日から27日まで開催されたイベント「Yokohama  Nature Week」に行ってきました。

普段は、とりでの森アスレチック遊具や万騎が原ちびっこ動物園を回って帰ってしまうこの公園。会場は、全く行ったことのない梅林のもっと奥。こんなに広い敷地が広がっているとは!

ドーナツ広場では、23もの食べ物屋さん、移動本屋さんなどが出店していて、まずは夫&子供、私と二手に分かれてお昼ご飯調達へ。どの店舗も大人気で、15分から30分待ち。向かいのピクニック広場に持参したレジャーシートを敷いて、みんなでランチタイムにしました。

ゆるく楽しい音楽が空気に合っている

拡大する

ウッドデッキはこんな感じに。

ピクニック広場には、巨大ウッドデッキが用意され、そこでアーティストの生演奏も聞けます。演奏時間でないときには、そこに上ってごはんを食べられるし、スピーカーからBGM(恐らく音源はCD等)が流れてきます。

そして、このBGMの選曲が絶妙なこと!松任谷由美さんの「海を見ていた午後」(森のイベントではありますが…)がちょうど流れていて、アンニュイな空気感がその場に合っていて思わず聞き入ってしまいました。ハンバートハンバートさんの曲も流れていて、こちらもとても素敵。ジェラート屋さん「サイアムチャン」のすぐ横にもスピーカーがあり行列に並んでいても「次は何がかかるかな?」と楽しめました。

ご飯を食べ終わる頃、ウッドデッキでバロンと世界一周楽団のライブが始まりました。スカの要素が強い楽曲で歌詞も親しみやすく、踊っている子供も多かったです。特にマジックソルトの歌とお母さんに捧げたという歌がほのぼのしていてイイ感じ。これは、踊りたくなるよね…!

 

子供は花摘み、大人はお昼寝。

拡大する

ワークショップエリア。

入り口付近は、ランプや木製の椅子、ハンモックなどを手作りするワークショップ、ピクニック広場の奥には、木製の遊具が設置され、子供が普段以上にアクティブに楽しめる企画が満載。

ものすごい量のシャボン玉を一気に飛ばしてくる「シャボン玉おじさん」が神出鬼没に現れたり…。

一通り見て回った娘は、お花摘みに専念し始めました。一心不乱に、その辺に咲いている雑草の中から淡藍色のような小さな可憐なお花を選んでいます。家に帰って、本で調べると「ルリニワゼキショウ」というお花。花束を作って満足そうでした。

その間、夫はレジャーシートでぐうぐうお昼寝。

なんとも、平和で有意義な一日となりました。今年2回目だというこのイベント、来年もぜひ参加したいです☆

  • 掲載しているさがっそレポ本文に含まれる価格やメニュー、営業時間等は、投稿日時点の情報です。あらかじめご了承ください。
コメント
  • 本機能はFacebookが提供するソーシャルプラグインを使用しており、ご利用いただくにはFacebookにログインする必要があります。
  • 当サイトはソーシャルプラグインによって生じるいかなる損害につきまして一切の責任を負いません。

この記事を書いたさがっそライター

ぱんぱんリュックさん
食べること、音楽、読書が好きな子育て中のママです。 お出かけも大好きで、ものすごい雨風の日以外は、子供と一緒に色々と探検してます。 ベビーカーを押して(または担いで)おむつや着替えがぱんぱんに詰まった荷物を常に持っているので、マイカー移動とバス&電車移動が6対4くらいの割合。 お出かけ先は、親子で楽しめる、バリアフリーである、トイレトレーニング中の子供と利用しやすいトイレがある、駐車場や最寄駅からのアクセスの良さなどを条件に選ぶことが多いです。 親子目線を中心に、探検報告をしていきたいと思います。

こども自然公園(大池公園)の基本情報

設備・サービス
  • 駐車場あり
さがっそライターのおすすめ利用シーンベスト3
  1. 乳幼児
  2. ファミリーで
  3. みんなで
住所 横浜市旭区大池町65-1
電話番号 045-311-2016
ホームページ こども自然公園(大池公園)
最寄り駅 南万騎が原駅
アクセス 南万騎が原駅から徒歩7分
  • そうてつStyleは「投稿サイト」という性質上、店舗・施設情報の正確性は保証いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

こども自然公園(大池公園)の近くのおすすめスポット

こども自然公園(大池公園)の近くのイベント情報

ページ
TOPへ