相鉄線沿線のおでかけスポットをさがそう

petale de Sakura(ペタル ドゥ サクラ)

店舗・施設情報へ

幼児と一緒に楽しむ、本格フレンチ。

  • 1
ぱんぱんリュックさんのおすすめ利用シーン
  • 乳幼児
  • ファミリーで
  • 記念日
  • 予約おすすめ

本格フレンチレストランのデビューはここで。

拡大する

お隣の席には、乳児連れの方も。

真っ白なテーブルクロス、整えられたカトラリーとナフキン、料理をさらに美しく引き立てるセンスの良いガラスや陶器の食器、説明を受けつつ一つ一つ丁寧に運ばれてきて堪能するコース料理。

大抵そのようなレストランは子連れNGか、何等かの制約がついたりするので、そうそう行ける機会はありません。未就学児ならなおのこと。

ここ「ペタルドゥサクラ」も普段は、有料の個室利用時のみ未就学児同伴OKのお店。

…ですが、毎月、数日のみ未就学児同伴でも全席利用できる「キッズ&ベビー開放デーatフレンチ」が開催されるのです。

ちょうどこの春、親子でお祝い事が重なったのを記念に、思い切って3歳の子供の「本格フレンチデビュー」をこちらで体験させました。

 

幼児にも心づくしの対応が嬉しい。

拡大する

シェフ特製ハンバーグワンプレート

今回、頂いたのが大人は「さくら薬膳フレンチ ランチコース」で、子供は「シェフ特製の和牛ハンバーグプレート」でした。子供同伴の場合はお店の準備があるとのことで、早めに電話で予約をしておいた方が良さそうです。その際に、食べられない食材などを丁寧に聞き取ってくださいました。

席に通されると、スタッフの方が子供の席には座高を高くするクッションをセットしてくださいました。実際に座ってみて、テーブルの高さと合わなければ、クッションの高さも調節してくれます。

子供用のワンプレートの食事にも、きちんと大人と同じスープ、パン、デザートがつきます。この日は「新玉ねぎのスープ」。苦みや辛みはないものの、しっかり玉ねぎの味。普段、野菜嫌いのない子供ではありますがこれには「お、おとなのあじ…!」と衝撃を受けていました(笑)。

普段は大人が中心の落ち着いた雰囲気のお店なはずですが、この特別な日だけは少し賑やかでも大丈夫なようです。

やまゆりポークの絶妙な柔らかさ

拡大する

お肉料理、旭区の未熟イチゴと一緒に。

「さくら薬膳フレンチ」は近隣農家へシェフ自ら出向き、収穫したお野菜を使って居るだけあり、どれもみずみずしくしっかりとお野菜本来の味が届くコースでした。

そして、お肉料理も絶品でした。泉区和泉町で生産されたやまゆりポークがマスタードソースと一緒にミルフィーユ状になっている一品。見た目はしっかり成形されていますが、口に入れた途端ほろほろと溶けてゆくよう。こんなに柔らかく、なのにこんなにしっかりとした存在感のお肉。実は、ここで一番印象に残ったお料理でした。

家族で思い出に残る、とても特別な春のランチ体験となりました。

  • 掲載しているさがっそレポ本文に含まれる価格やメニュー、営業時間等は、投稿日時点の情報です。あらかじめご了承ください。
コメント
  • 本機能はFacebookが提供するソーシャルプラグインを使用しており、ご利用いただくにはFacebookにログインする必要があります。
  • 当サイトはソーシャルプラグインによって生じるいかなる損害につきまして一切の責任を負いません。

この記事を書いたさがっそライター

ぱんぱんリュックさん
食べること、音楽、読書が好きな子育て中のママです。 お出かけも大好きで、ものすごい雨風の日以外は、子供と一緒に色々と探検してます。 ベビーカーを押して(または担いで)おむつや着替えがぱんぱんに詰まった荷物を常に持っているので、マイカー移動とバス&電車移動が6対4くらいの割合。 お出かけ先は、親子で楽しめる、バリアフリーである、トイレトレーニング中の子供と利用しやすいトイレがある、駐車場や最寄駅からのアクセスの良さなどを条件に選ぶことが多いです。 親子目線を中心に、探検報告をしていきたいと思います。

petale de Sakura(ペタル ドゥ サクラ)の基本情報

設備・サービス
さがっそライターのおすすめ利用シーンベスト3
  1. 予約おすすめ
  2. ディナー
  3. カップルで
住所 横浜市泉区弥生台5-2
電話番号 045-443-5876
ホームページ petale de Sakura(ペタル ドゥ サクラ)
最寄り駅 弥生台駅
アクセス 弥生台駅南口徒歩1分
  • そうてつStyleは「投稿サイト」という性質上、店舗・施設情報の正確性は保証いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

petale de Sakura(ペタル ドゥ サクラ)の近くのおすすめスポット

ページ
TOPへ