相鉄線沿線のおでかけスポットをさがそう

和醸良酒

店舗・施設情報へ

お洒落な居酒屋で贅沢ランチ

  • 1
モヤ太郎さんのおすすめ利用シーン
  • みんなで
  • ひとりで
  • ランチ
  • ディナー

店名が四字熟語です。

拡大する

地魚三種の炙り漬け丼です

 四字熟語って重厚なイメージがありますよね。今回訪れた「和醸良酒」もお店の名前が四字熟語なので、ちょっとお堅い雰囲気なのかと思ったのですが、入ってみたら思いのほかお洒落な感じの店でした。
 そもそも「和醸良酒」というのは、「良いお酒は、お酒に携わる人たちの和によって生まれる」「良いお酒は人と人との関係を良くする」という意味があるのだそう。意味を知っていると堅いイメージではないですね。
 この和醸良酒ですが、相鉄天王町駅から、松原商店街に行く途中にあります。今回はランチタイムに行ってみました。
 店の中はお酒が沢山並んでいて居酒屋の雰囲気を出しながらも、喫茶店のような感じもあったり。

お昼から和食の定食をいただきます

拡大する

地魚が三種類という贅沢

 店内のBGMもゆったりとした洋楽がかかっていて、お洒落な雰囲気を出しています。よくある居酒屋みたいな仕切りがないのは、アットホームな雰囲気にしたいという店主のこだわりだそう。大人数で貸し切りパーティーをしても良さそうな感じですね。
 魚は横浜中央卸売市場から仕入れているということなので、今回はいくつかある定食の中から「地魚三種の炙り漬け丼」にしてみました。
 丼の他に、お吸い物、煮物の小鉢、漬物、ドリンクがつきます。割りばしが茶色なのも、洒落ていますね。最初割りばしと気づきませんでした。
 地魚はアジ・ハマダイ・ヒラメとのこと。刻みネギ、海苔、白ゴマが振りかけてあります。

季節の食材を使った料理を提供しているそう

拡大する

煮物の小鉢と漬物です

 早速いただいてみましたが、「地魚三種の炙り漬け丼」というメニューの名前からして、すでに美味しいのはわかっています。「炙り」ということでしたが、意外と軽めに炙っている感じがしましたね。ご飯もタレも申し分なく美味しかったです。
 小鉢がついているところが、居酒屋のランチという感じで良いですね。お吸い物がかなり好きな味でした。
 お昼からこんな豪華な食事をいただいてしまって良いのだろうかと、ちょっと後ろめたさを感じてしまうほどでしたね。他にも釜飯とかもおすすめなのだそうで、これまた美味しそうですね。また他の料理も食べてみたいと思いました。
 ちょっと贅沢な気分になれるランチが食べたくなったらおすすめのお店です。

  • 掲載しているさがっそレポ本文に含まれる価格やメニュー、営業時間等は、投稿日時点の情報です。あらかじめご了承ください。
コメント
  • 本機能はFacebookが提供するソーシャルプラグインを使用しており、ご利用いただくにはFacebookにログインする必要があります。
  • 当サイトはソーシャルプラグインによって生じるいかなる損害につきまして一切の責任を負いません。

この記事を書いたさがっそライター

モヤ太郎さん
相鉄沿線のおもしろスポット、モヤモヤしてるところ、モヤモヤしてないけど美味しい店、いろいろ紹介します! カレー成分がやや多め? でも、主食はモヤシ炒め。(ちなみに好きな相鉄車両はもちろん「モヤ700系」です)

和醸良酒の基本情報

設備・サービス
  • 駅から近い
さがっそライターのおすすめ利用シーンベスト3
  1. ランチ
  2. ひとりで
  3. ディナー
住所 横浜市保土ヶ谷区天王町1-4-6石田ビル 1F
電話番号 050-5869-2999
ホームページ -
最寄り駅 天王町駅
アクセス 天王町駅から徒歩4分
  • そうてつStyleは「投稿サイト」という性質上、店舗・施設情報の正確性は保証いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

和醸良酒の近くのおすすめスポット

ページ
TOPへ