相鉄線沿線のおでかけスポットをさがそう

本覺寺

店舗・施設情報へ

横浜の歴史と深いかかわりのあるお寺

  • 4
放浪者さんのおすすめ利用シーン
  • カップルで
  • みんなで
  • ひとりで
  • 定番

横浜駅から徒歩10分ほどの見晴らしの良い場所

拡大する

本覺寺

 今回は、【本覺寺】をご紹介します。場所は、横浜駅から徒歩10分くらいのところです。横浜駅から線路沿いに東神奈川駅方向に歩いていきます。坂道を登っていき、第二京浜の青木橋の三差路に出ると、ひときわ高い場所に木の茂った場所があります。石垣に「本覺寺」という大きな文字の看板が見えます。横浜全体を見通すことができるロケーションです。

 お寺の前にある看板によると、本覺寺は、臨済宗の開祖栄西によって、鎌倉時代に草創されたと伝えられているそうです。もとは臨済宗に属していたのですが、戦国期の権現山の合戦で荒廃し、天文元年(1532年)に陽廣和尚が再興し、曹洞宗に改めたとのこと。

横浜港開港の舞台となったお寺

拡大する

史跡アメリカ領事館の石碑

 このお寺は、横浜開港と深い関係があります。日本は、長い間鎖国政策をとってきました。安政5年(1857年)に幕府は日米修好通商条約を締結し、翌年7月1日に横浜港での外国との自由貿易が始まります。ハリスは、開港当時、本覺寺を自ら見分け、境内にアメリカ領事館を建設することを決めました。渡船場が近く、丘陵上にあり、横浜を眼下に望み、湾内を見通すことができる場所だったためだそうです。寺には、「史跡アメリカ領事館」と刻まれた石碑がありました。また、日米修好通商条約の交渉で、外国奉行として活躍した岩瀬忠震(いわせ ただなり)の功績をたたえた「横浜開港の首唱者」の石碑も建てられていました。また、領事館時代に山門が白ペンキを塗られたことが「我が国洋式塗装の先駆け」とされているそうです。その山門は今も残っており、江戸時代にさかのぼる建築なのだとか。

 今年も本覺寺の除夜の鐘が、横浜市内に響き渡ることでしょう。お出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

(参考サイト)

横浜市港湾局

本覺寺

 

 

  • 掲載しているさがっそレポ本文に含まれる価格やメニュー、営業時間等は、投稿日時点の情報です。あらかじめご了承ください。
コメント
  • 本機能はFacebookが提供するソーシャルプラグインを使用しており、ご利用いただくにはFacebookにログインする必要があります。
  • 当サイトはソーシャルプラグインによって生じるいかなる損害につきまして一切の責任を負いません。

この記事を書いたさがっそライター

放浪者さん
横浜駅に良く行きます。気がついた情報を発信できればと思います。食べることが好きです。お酒も好きです。晴れた日には横浜駅からみなとみらい、山下公園までお散歩したりします。徒然なるままに横浜の魅力をお伝えできればと思います。

本覺寺の基本情報

設備・サービス
  • 駅から近い
さがっそライターのおすすめ利用シーンベスト3
  1. みんなで
  2. 定番
  3. ひとりで
住所 神奈川県横浜市神奈川区高島台1-2
電話番号 -
ホームページ 本覺寺
最寄り駅 横浜駅
アクセス 横浜駅から徒歩10分
  • そうてつStyleは「投稿サイト」という性質上、店舗・施設情報の正確性は保証いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

本覺寺の近くのおすすめスポット

本覺寺の近くのイベント情報

ページ
TOPへ