相鉄線沿線のおでかけスポットをさがそう

いつでも良いものが安い!洪福寺松原商店街特集いつでも良いものが安い!洪福寺松原商店街特集

みなさんは毎日のお買い物をどこでしていますか?
地元や駅前のスーパーも良いですが、たまには活気あふれる賑やかな商店街で、店員さんと会話しながら、ゆっくり何店舗も見て回る――。
そんな買い物をしてみませんか?今回はお値打ち価格の品物と元気があふれる、洪福寺松原商店街を特集します!

天王町駅から歩いて5分、平日午前から買い物客でいっぱい!

相鉄線沿線エリアでも、特に賑やかなことで知られている洪福寺松原商店街。天王町駅を出てから旧東海道を北東へ徒歩5分。八王子街道との交差点が商店街の入り口が見えてきます。駅から遠くないので、電車での買い物もアリです。

この日は11時過ぎから商店街におじゃましていたのですが、すでに道いっぱいに買い物客があふれています。特に午後12時~6時は歩行者天国となっているため、のびのびと買い物を楽しめるのが特長です。

商店街の振興組合の方に話を聞いたところ、平日・休日ともにお昼前後と夕方の時間が盛況なんだそうです。ただし、水曜日は市場がお休みということで、半分くらいのお店が閉まっているので要注意。どのお店でも店員さんが買い物客に元気よく呼びかけていて、商品を見て歩いているだけで元気をもらえます。

拡大する 平日も休日も、多くの人が詰めかけます。

新鮮な魚介類が安い!魚幸水産で目玉商品をゲット

商店街を入って1つ目の十字路を左折するとすぐ見えるのが、新鮮な魚介類を扱う「魚幸水産」です。このお店のウリはマグロ。お店には「天然ものしか提供しません」という貼り紙があり、強いこだわりを感じます。しかも、お店で丸ごと1匹をさばいているので、赤身やトロ、中落ちやカマ、カブトまで、好きな部位を手に入れることができます。

店内を見わたすと、その日ごとの目玉商品が目を引きます。これがとにかく安い!この日は、サバの切り身と穴子フライ、具がいっぱい入ったちらし寿司。とても安かったので、取材を忘れて買ってしまいました。

ほかにも刺身や干物など、さまざまな食材がいっぱい。何を買おうか迷っても、快活な店員さんが優しく教えてくれますよ。また、氷を自由に使うことができるので、家に帰るまで少し時間がかかる場合でも安心です。

拡大する 予算に合わせて、その場でマグロを切ってくれます。

良いものが安い外川商店は、段ボールを片付けるヒマがない!

商店街を入って1つ目の十字路の角にある「外川商店」は、野菜や果物などを取り扱うお店です。あまりに大勢の人が詰めかけるため、商品が入っていたダンボールを片付ける時間もスペースもない!ということで、屋根にダンボールが積み上げられています。

なぜそんなに忙しいのでしょうか。買い物に来ていた方にお話をうかがうと、「良いものが安いから」というご回答。なるほど、納得です。このお店では、毎朝市場へ新鮮な野菜や果物を仕入れに行き、それを良心的な価格で販売しています。だから、買い物客の足が途絶えることはないのです。

それでは、混んでいてなかなか買えないのかというと、そうではありません。お店にはつねに5人前後の元気な店員さんが店頭にいて、それぞれがテキパキと対応しているので、買い物であまり待つことはなさそうです。

拡大する 屋根やひさしに投げられ、積まれていく段ボール

商店街が賑わう理由。それは、良いものが安いから!

洪福寺松原商店街は、毎日本当にたくさんの人で賑わっています。その人気ぶりは、テレビや新聞、雑誌などで何度も取り上げられるほど。なぜ、いつも買い物客でいっぱいなのでしょうか。その答えは「良いものを安く売っているから」です。

商店街の大きさは、そこまで大きくありません。しかし、鮮魚・青果・精肉・衣料品・ドラッグストアなどが揃っていて、生活に必要なものはほとんどそこで買うことができます。さらに、人間味や風情といった、郊外型ショッピングモールにはない魅力もあります。

また、洪福寺松原商店街は地元活性化にも積極的です。公式ホームページのほか、FacebookやTwitterを活用しておトクな情報などを発信しています。みなさんもこうした情報を確認しつつ、商店街に足を運んで見てはいかがでしょうか?

拡大する 若い親子連れの買い物客も、大勢訪れます。

洪福寺松原商店街には、ほかにも気になるお店が

上原精肉店(肉の上原)

この店の人気商品は、コロッケや焼き豚(チャーシュー)などのお惣菜。取材で訪れたときは12時前だったのですが、もう売り切れていました。もちろん精肉の品質や品揃えも一級品です。

  • 住所:
    神奈川県横浜市保土ケ谷区宮田町1-2-1
    アクセス:
    松原商店街入口から旧東海道を進み2つ目の十字路の角
三増屋

かまぼこやはんぺんなど、練り物を製造・販売している三増屋さん。店頭で販売しているおでんの匂いが、多くの買い物客の足を止めています。買ったさつま揚げを食べながら歩いている人の姿も見られました。

  • 住所:
    神奈川県横浜市保土ケ谷区宮田町1-5-1
    アクセス:
    松原商店街入口から旧東海道を進み2つ目の十字路手前左側
横浜市の水源地 道志情報館 水カフェどうし

横浜市の水源地である、山梨県南都留郡道志村のアンテナショップ。特産品のクレソンを使った商品が目を引きます。クレソンケーキ、豆乳ソフトクリーム、ソーセージパイなどが店内で食べられます。

  • 住所:
    神奈川県横浜市保土ケ谷区宮田町1-4-11
    アクセス:
    松原商店街入口から旧東海道を進み1つ目の十字路を左折し90m

いかがだったでしょうか?年末には1日に数万人が訪れるという洪福寺松原商店街。「ハマのアメ横」と呼ばれるだけあって、値段も品質も活気も一級品!ぜひみなさんも一度、出かけてみてください。

特集一覧へ

SPOT DATA
洪福寺松原商店街

ページ
TOPへ